DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

らくがきイベント その2 ~薔薇ドレアとは~

   

前略

 

今日はバレンタインということで、予定していた記事をお休みしてバレンタイン記事を書こうと思ったのですが、何を書こうか考えていたものが思い出せないので、通常通り昨日の続きにします。

さて、淑女と化したまめなさん。真の薔薇ドレアとはなんなのかを追い求め、イベント会場をフラフラ。果たして見つけることはできたのでしょうか。

 

左から、アーヌさん、美魔女、湯屋、真紅、私、大商人、ショコラちゃん。そして後ろの方にユニォ。

私が水銀燈ドレアを考えていたのを知ってか、「真紅だよ~」と披露してくれたユフィちゃん。可愛すぎる。

本物の真紅だったらツインテールでビシバシしてきそうだけど、この真紅はなんとも人懐っこい。風のごとく捲きたい。

いつの日か水銀燈ドレアを実現できることを願っています。もっとゴスロリ装備をっ!

 

元チームが一緒だった方々。

いや、まさからくがきイベントにいらしているとはびっくりでした。

 

テトラちゃん、ワユさん、私、そして、赤身から白身に転身なさったヒロさん。

このあとレタス色に変色してしまい、冷蔵庫の奥から出てきた鯛のお刺身みたいになっていましたが、さすが腐っても鯛、ヒロさんはヒロさんでして、数日後にはまた色変わりするようです。

 

不機嫌エル子でおなじみのかーまたさんとあにちゃん。

このあと、「私もお姉様みたいに~」のような事を言われ……。

 

「まずい、マリみてファンか!?下手なこと返せないぞ」

 

と、内心焦って正直に「セリフ覚えていない」と申しましたところ、「私もですわ」と返され安心したのは良い思い出です。

 

ユウさんとらっち。あと左の方に毛玉ども。

ユウさんのブログのタイトルの意味にようやく気付いた2017年。

 

らくがきイベント恒例のしぐれん焼き。薄雲がいい感じに煙っぽくなっていてお気に入りの一枚です。

ところで気になるのが、緑のボディーに赤い頭の毛玉。どこかで見覚えのあるカラーリングにパクリ疑惑が浮上していました。ご本人が登場しなくてほんとよかったね。

 

もっすん、私、さらさちゃんとそのフレさん。

このような汚れブログでお名前出して良いのか、お聞きするのを忘れました。

アストルティアに数いる幼女の中で、マイベストロリータに君臨し続けるさらさちゃん。写真のときのポージングが私の心をくすぐるのです。

 

美女と野獣……。詳細はこちら。

 

女子力の高さで定評があり、その伸びしろはまさにたけのこのにょっきことたけのこさん。なんで逆なんだろうと思ったけど、きっとそういうことなんだろう。

ところで、写真の後ろに写っているお魚さん。私のブログを見てくれているらしく、次回も楽しみにしていると言って下さいました。あんまりブログミテマス言われないのですが、言われると嬉しいものです。適当にがんばりますね。

 

ソアラん再び。かわいいよソアラん。真ん中のエル子もかわいいよ。

 

毛組の面々。

ク○ニアキさん、両手に花、もとい両手におじでご満悦の様子。

さて、この時点で23時10分。大盛況すぎて主催者メンバーがなかなか見つかりません。なんとか探し出そうとしていたところ、見つけたとの報告があったので急いでその場所へ。

 

三度ソアラん、かわいいよソアラん。

そして、ルーナルさんゲット。あとユキさんも写ってた。

せっかくらくがきメンバーと写真を撮れたのに、左端の紫色の物体に目が行ってしまうのが悲しい現実。なんなの、その存在感。

 

先日披露してくれたドレアで参加のアッキー。

 

四度ソアラん。好きすぎる。すなわち自分大好き。エル子でくりゃよかった。

そして今回でイベント2度目のなべち。見えそうで見えないなべち。何がかは言えない。出禁なる。

ふぅ、これでなんとかシンデレラタイムまでにらくがきメンバーコンプリートです。

 

「ん?誰か忘れてないかって??」

 

安心してください。ちゃんと写真撮ってますよ。

 

孤高のアイドルしゃるるんでっす☆

いやね、概ね良いお天気だったんですが、なぜか急に暗雲立ち込めてきまして……。

笑顔の裏に、何かオドロオドロしいものを感じたわけですよ。それに加え、ユキさんの表情が私の暗い未来を暗示しているように思えてなりません。

私の運命や如何に!?

 

答えは見つかったのか?

今までのドレアイベントは、季節ごとのテーマに沿ったものでした。春なら明るい色合い、夏なら涼しげな色、秋なら暖色、冬なら寒色だったり暖色、あとハロウィンなんかだとオレンジや紫などなど……ある程度色を決められたわけです。

それが今回のテーマは薔薇。なんとも難しいテーマです。真の薔薇ドレアとは……。参加して、みんなのドレアを見れば答えが見つかるかもしれない。そう思っていました。

そしてイベント当日、会場は様々なドレアで溢れていました。それぞれが思い思いの薔薇を自分なりに表現しているわけです。

なるほど。答えなんて最初からな無かったんです。

あれほど、これは薔薇じゃなくて百合なんじゃないかって悩んでいた私のドレアも、立派な薔薇だったのです。

イベント記事その2にして、すでに淑女たる口調を忘れてしまったかのように思えますが、いいんです。薔薇と言えば薔薇なんです。

 

反省しない反省

前にも書いたことがある気がしますが、ついついフレさんばかりと写真を撮ってしまい、他の方のドレアをしっかり見れていなかったこと。反省です。

次こそ人のドレアを舐め回すように観察するっ!

 

草々