DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

結晶竜牙石金策 ~どや、強いやろ?~

      2017/01/28

前略

 

汗と涙の結晶が高い……。そんな噂を聞きつけまして、バザーで確認してみると1つ4,300Gほどでした。普段、結晶金策なんてしませんし結晶を使うような職人仕事をしないので、コレが高いのか安いのかよくわかりません。でも、「結晶が高いですよおおおお」って言うんだから高いんでしょうね。

百聞は一見にしかずというわけで、どれほど稼げるものなのかやってみることにしました。ついでに、竜牙石のドロップモンスターがヘルジュラシックだったので、竜牙石も同時に集めていきたいと思います。

 

準備

竜牙石集めということで、職はおのずとまもの使いになります。

「結晶が高いですよおおおお」って言っていた方は、奇術装備に汗と涙を染み込ませていましたが、あいにくまもの使いは装備できません。そこで私が用意した装備はこちら……。

 

  • 無法者のバンダナ+2(21,000G)
  • 無法者のベスト+2(30,000G)
  • 皮のズボン+2(6,000~16,000G)
  • 無法者のうでわ+3(79,000G)
  • 無法者のブーツ+2(47,000G)
  • ブラッドエッジ+2(13,700g)

皮のズボンの値段に幅があるのは、取れる結晶の数を比較して儲けが大きいものを選んだためです。

これを3セット分(ブラッドエッジは5本)買いまして、お値段は約630,000Gとなりました。

 

あと、結晶金策に相性の良いまもの使いのスキル「エモノ呼びの咆哮」を用意します。

一度の戦闘で汗と涙が染み込むのは3匹分。エモノ呼びの咆哮1回で3匹以上倒せるのです。なんという結晶用スキル。

すでにご存知でしょうが、エモノ呼びの咆哮は開幕チャージ済みなので、160ポイントのもので十分。

 

構成はこちら。自分まもの使い、バトサポ2と旅サポです。

バトサポの武器をどうしようか悩んだんですが、とりあえず廃スペックの片手バトと、その攻撃力に期待して両手バトを選択しました。

旅サポは棍がオススメ。倒しきれなかった敵をキレイになぎはらってくれます。

 

乱獲のお時間

準備が整ったら早速ヘルジュラシックの聖地、ドラクロン山脈ー中層へと向かいます。

 

ガオーッ!!

エモノ呼びの咆哮を初めて使ったのですが、いいですね。発動が早いし、吠えてる最中に敵が現れてくれます。

呼んだら後はサポのお仕事です。範囲技で敵をギッタンバッタン……。

 

ギッタンバッt……。

 

ギt……。

 

……。

 

何してんの、マジで?

私が求めているのは……。

 

これ。

でも、彼は頑なに……。

 

渾身斬りでドヤります。

迂闊でした。ヘルジュラシック3体の時、サポは渾身斬りを選択するのです。

ドラクロン山脈のヘルジュラシックは1~2体で現れます。2体で現れた場合は、エモノ呼びの咆哮で4体になり、8割方ぶんまわしてくれます。だけど、2割はやっぱり渾身斬りでドヤります。

わかった、強いのはわかった。だけど、TPOってものを考慮して頂きたいものです。

ま、悪いのはサポのAIと、それを知らずに雇った私なんですけどね。

 

気になる稼ぎ

さて、渾身斬りによりトータルで何十ターンも無駄にしたものの、約1時間で3セット終了しました。

取れた結晶の数やアイテムのドロップ数は以下の通りでした。

 

  • 汗と涙の結晶 225個(977,000G)
  • 竜牙石 76個(258,000G)
  • ドラゴンのツノ 2個(5,000G)
  • やわらかい肉 16個(5,100G)

合計1,245,100Gとなりました。

初期費用が630,000Gだったので、大体時給600,000Gといったところでしょうか。

レアドロ装備の旅芸人を雇ったり、両手バトを雇わなければもうちょっといくことでしょう。

 

結論

勝どきMP回復の宝珠があると良いね!

無くて大変でした。

 

草々