DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

エントリーしちゃった ~闇ぷよTA~

   

前略

 

とある厨二病のエル男がイベントを開くらしい。

なんかラノベのタイトルみたいになったけど、前回のレグナードTAの時から気になっていたイベントである。

2日開催され、初日が最強ダークキングと対峙する「嵐」。翌日が最弱ダークキングの「凪」。

前者は「あらし」ではなく「らん」と読むらしい。永遠の中学二年生である主催のこだわりのようだ。最初から「あらし」と読まずに「らん」と読んだ方はもれなく厨二認定されてしまう。

私は大人なので「あらし」と読んだ。まぁ、そんなことはどうだっていいんです。

私はイン時間も限られている上、あまりバトルコンテンツに興味のないゆるふわエンジョイ勢。ダークキングなど、最弱の1と2を数回倒した程度。最強ダークキングなど相まみえたこともありません。参加するのなら凪の方。記念受験感覚で討伐時間など気にせず倒せればいいやと思っていた。

12月の仕事のスケジュールを確認すると、参加できるのは嵐のほうのみ。私のような未討伐の人間と組んでくれる方はいないだろう……。そう思いながらも、たれぱんルームで声をかけてみた。

 

icon-mamena「誰かコニのイベント一緒に出ない?嵐の方。最速全滅目指そう。」

 

案の定反応が薄い。そりゃそうだ。私でも即答するのは躊躇する。時間の無駄だ。諦めかけた時……。

 

icon-kokokona「一緒に出る?」

 

マジか。先日、迷宮での愚行を晒しチームに波風立てた張本人に救いの手を差し伸べるというのか。さすが、帝国の王たるもの器が違う。

コナくんに引き続き……。

 

icon-nabe

icon-liliane

なべちとリリアーヌさんが手を上げてくれた。マジ天使。

というわけで、この4人で参加することとなった。ちなみに、全員未討伐。だけど、最速全滅ではなくやれることはやろうということになった。

 

お試し

参加メンバーではないのだけれど、保護者付きで最強ダークキングにご挨拶に伺う機会ができた。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-53-16

いつもは保護される側の保護者あーたん。こうみえてダークキング百戦錬磨のチューリップである。あと、サイラスさん。討伐済みか聞くの忘れたような、聞いたけど忘れたような。とにかく忘れた。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-53-42

戦闘開始から約9分……。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-53-51

ダークキングの名前が黄色くなった。

正直、経験者がいたところで未経験者が足を引っ張り即全滅するだろうと思っていた。それが黄色までこぎ着けたのである。しかも時間は半分以上残っている。同じペースでいけば時間内に倒せる計算だ。

だが、ここからダークキングの行動は大きく変化する。同じペースで……とはいかない。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-54-57

16分経過。

ダークキングの名前が赤くなった。これは、ひょっとするとひょっとするかもしれない。3をすっ飛ばして、初めての4で倒しちゃったよとドヤ顔出来るかもしれない。

しかし私は知っている。先人たちが教えてくれた。油断は禁物だと。全滅しないよう慎重にいかなければならない。そして……。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-56-10

残り1分を切った時に訪れる、未曾有のチャンスっ!

ここコナよ、断るな。機を活かせっ!畳み掛けろっ!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-56-45

後ろのスク水を着たチューリップが緊張を全て取り払ってくれた。落ち着いていけそうだ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-56-58

先人たちは初討伐で制限時間ギリギリの戦いを繰り広げてきた。私たちにはまだ27秒も残されている。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-57-48

そうはダークキングがおろさない。

こちらの行動を封じてくる。希望はここコナに託されたのだ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-58-09

残り5秒。ここコナの全てをぶつける。全てはドヤ顔のためにっ!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-09-58-34

ドヤッ!!

まぁ、可能性は感じたので俄然やる気出てきました。

 

草々