DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

Feedlyノススメ

   

こんにちは、まめなです。

今回はドラクエとあまり関係がないお話です。

突然ですが、RSSリーダって使っていますか?

RSSってなんぞ?って方も多いかもしれませんね。

要は、更新をお知らせしてくれるブックマークのようなものでしょうか。

好きなサイトを登録しておくと更新がわかるし、シンプルな形で読めるのでとても便利です。

RSSリーダと呼ばれるものは色々あって、お使いのブラウザにもその機能があったりします。

便利なのですがスマホで見たりPCで見たりと、端末が変わるとサイトの登録も端末ごとに必要になりますし、未読・既読も端末ごとに変わってきてしまいます。

そんな悩みはWebサービスのRSSリーダが解決してくれます。

クラウド型ってやつでしょうか。

昔はGoogleリーダというサービスがあって便利だったのですが、今はもうサービスを終了しています。

その代わりとしてFeedlyというサービスが人気のようです。

Googleアカウントでもログインできるので移行もスムーズでした。

Googleアカウント以外にもfacebookとかTwitter、Evernoteなんかも使えます。

便利だけどブログの登録がちょっと面倒

さて、便利なFeedlyなんですがブログを登録しようとするとちょっと面倒だったりします。

search_title

検索でサイト名を入力しても見つからないことが多々あります。

search_URL

ブログのURLを入力しても見つかりません…。

search_URL_with_http

http://をつけて検索したらやっと見つかりました。

なかにはこれでも見つからないブログもあります。

そんなときは直接RSSフィードのURLを入力します。

そのRSSフィードのURLもブログによって違ってくるのでややこしいんですよね。

私のブログはWordPressというソフトを利用しています。

WordPressの場合は「http://ブログのトップページのURL/feed/」という形で入力すると一発です。

ドラクエブログが多いlivedoor blogだと「http://ブログのトップページのURL/index.rdf」といった形。

アメブロなら「http://ブログのトップページのURL/rss.html」。

わけわかんないですね…。

Feedlyに登録するボタンがあるらしい

ある日Twitterでこんなつぶやきを目にしました。

TwitterとかfacebookみたいなボタンがFeedlyにも存在するだと…!?

ロザリーさん、ブログのネタにしてしまってすみませんm(__)m
気づけばタイトルもちょっと被ってたし…、わざとじゃないんです。

早速付けてみる

ここからはブロガーさん向けです。

ドラクエブログにこのボタンが普及するとうれしいな~なんて。

ここ最近ランキングの是非について話題になっていましたし、このボタンを設置してFeedlyに登録してくれる固定読者を増やしちゃいましょう。

ボタンの作り方ですが、Feedlyのサイトにそのページが用意されています。

Feedly button

step1

好きなボタンを選びます。

step2

先ほど説明した自分のブログのRSSフィードのURLを入力します。

必ずhttp://を付けましょう。

step3

出来上がり。

できたコードを自分のブログに貼り付けましょう。

このへんはブログごとにやり方が違うと思いますので、調べてください(丸投げ)。

気が向けばそのうち調べて書くかもです。

WordPressの方には

ドラクエブログでWordPressを使っている方ってあまり見かけないので需要はなさそうですが…、WordPressにはプラグインも存在します。

プラグインの追加で「feedly insight」を検索、いますぐインストール、有効化。

あとはボタンを埋め込みたい場所にコードを記述するだけです。

このブログと同じ感じなら、テーマ(このブログはstinger5)のsns.phpとsns-top.phpの埋め込みたい部分に、<?php if ( function_exists( ‘fi_the_button’ ) ) fi_the_button( ‘vertical’ ); ?>と記述すればokです。

簡単ですね。

button

このようにFeedlyに登録している人数まで表示されちゃいます。

1…って。

これ…自分(白目)。

もっと増えていくといいな(震え)。

RSSリーダを使う方が増えると…

IN、OUTはおろかPVランキングも下がるし、アクセス解析の訪問者数も減ります。

RSSフィードのURLを開いて見てみるとわかりますが、ランキングのコードもアクセス解析のコードも見当たりません。

このへんは本文に埋め込めばなんとかなりそうな気もしますが、よくわかりません。

もしくは、たたみますとかしまっちゃうんだからね(`・ω・´)(ごめんなさい)って言って、続きを読むでサイトに誘導する手もあります。

これなら実際にサイトに訪問してくれるのでランキングもアクセス解析も有効です。

ただし、よほど前文で魅力的な文章を書くか、本当のファンでないとスルーされてしまう諸刃の剣だと思います。

私のような弱小ブロガーはこのような手は使えないのです。

まぁ、ランキングや解析が減ったところで、Feedlyの登録者数が増えてくれれば、それだけ固定読者が増えたということなので、あまり気にしなくてもいい部分だと思います。

それに、Feedlyの登録者数が増えたほうがうれしいですしね。

それでもランキングは登録し続けますよ

ランキングが機能していないとはいいますが、順位よりは更新通知のほうが重要だと思っています。

まだ私のブログの存在を知らない方が、ランキングの新着から来てくれることがあるからです。

それで気に入っていただいて、ブックマークなりFeedlyなりに登録していただければありがたいですね。

順位とかはどうでもいいですが、このへんの機能だけうまく利用していきたいです。