DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

忘れたけど忘れられてなかった ~忘れないために~

   

前略

 

334724789

あまりに可愛いせいで眩しくて直視できません。数日ぶりにドラクエにインしましたが、平常運転です。元気です。

さて、前回の記事で「北海道行くよ~、次の記事は旭山動物園レポートだよ~」とドラクエブログにあるまじき発言をしましたところ、ペンギン見たいとかホッキョクグマ見たいとかリクエストを頂き、ひょっとしてドラクエ記事よりもアニマル記事のほうが需要あるんじゃないかと困惑している次第です。

というわけで、旭山動物園だけでなく、こんなところ行ったよ~っていうのを書こうと思います。忘れないように……ね。忘れないように。大事なことなので2回言いました。3回言ってもいいくらいです。

あと、ドラクエ以外興味ないよって方のために、昨日行った邪神のことだけチラッと書きますね。

 

道央旅行

今回の旅行は3泊4日。

でも、北海道は広すぎです。函館とか知床とか、行きたいところはたくさんあるけども、行きたい欲求を全て満たすには時間が全く足りないのです。なので今回は札幌、旭川、富良野、トマムと道央を攻めてみました。

 

まずは札幌

札幌ではフラフラお散歩です。旧庁舎や残念観光地で有名な時計台を見学。ほんと時計台は残念。立地が悪すぎるよね。

空港に着いたのが遅かったので、ちょっと散歩しただけで夕食の時間です。

夕食はビール園でジンギスカンをいただきました。ラム肉だけど、匂いも少なくて美味しくいただけます。ビールも最高にうまい。ただ残念だったのは、幼児も小学生料金を取られたこと。普通の食べ放題って幼児無料なので完全に油断していました。

夕食を食べ過ぎたので、少し散歩しようと思ったのですが、あまりの寒さに断念しました。

 

小樽と旭川

翌日は小樽と旭川です。

小樽運河には何度か来ているので、とくに感動もなかったのですが、散歩にはちょうどいいところ。

普段生活しているところはジメジメして暑いですが、さすが北海道、日差しは暑いものの空気はひんやりして最高に気持ちよかったです。

小樽はサクッと切り上げて、一路旭川へ。旅行のメインのひとつ旭山動物園へと向かいます。

 

冒頭で書いたリクエストのひとつ、ペンギンです。

あまり写真がうまくないので申し訳ないです。水中で素早く泳ぐ姿を撮るのはなかなか至難の技です。

 

というわけで、陸上にいるところを狙います。

よちよち歩く姿はなんとも愛らしい。でも水中ではガンガン攻める。見た目はかわいいけど中身はあれなところはエル子を想像させます。

はい、無理矢理ドラクエに持って行ってみましたが、かなり無理があった感が否めません。

 

アップにすると結構怖い。エル子にも近付きすぎないことをお勧めします。

 

これもリクエストがあったアザラシですが……ペンギン以上に素早すぎてまともな写真を撮ることができませんでした。申し訳ない。

 

こちらもリクエストがあったホッキョクグマ。

毛の色が白い動物って汚れてきったなくなるのですが、水に入るからかホッキョクグマは綺麗ですね。

 

キタキツネ。めっちゃイケメン。フォステイルみたい。フォステイルってFox tailなんじゃないかって、また無理矢理ドラクエに持って行ってみましたよっと。たぶん違うね。

 

青い池と富良野

北海道に住む方がツイートしていた青い池。それが凄く綺麗で一度は行ってみたいと思っていたのです。

今回、北海道に行くということになったので場所を調べてみると行けそうな場所にあったので……。

 

行ってきました。

あいにくの曇り空でしたが、それでも凄く綺麗。近くの宿だったので翌朝にも。翌朝は快晴でした。

 

快晴もよかったけど、雲があった方が池に写り込んでより綺麗に見えますね。

池に行くまでの白樺の道も凄くよかった。お勧めの場所です。

 

こちらも今回の目的のひとつ。ファーム富田のラベンダーです。

他にもラベンダー畑はあるんですが、ここが有名ですよね。実際に訪れてみて思ったのは、他の畑に比べて密度が高いというか、色合いが揃っているというか……育て方がうまいんでしょうね、すごく綺麗に見えるんです。

 

思わぬ出会い

富良野からトマムへと移動しているときのこと、ふと道路脇にあった看板が目に付きます。

 

「鉄道員ロケ地」

 

高倉健さん主演の映画「鉄道員」はすごく好きな作品。

 

poppoya

前にユ〜ジ・チバさんが開催した鉄道写真コンテストでもこの映画のパッケージを真似たほどです。

これは行かないと後悔する……。

 

もうね、これを見ただけで映画を思い出して泣きそうになる。

駅の中を見学していると、どうやらそろそろ列車がくるみたい。

 

映画の中では幌舞線の終着駅という設定でしたが、実際には根室本線の幾寅駅という途中駅なのです。

本数も少ない路線なのですが、ほんとタイミングが良かった。

腕木式の信号機は映画のセットで、実際には使われていないものです。ちゃんと保存しておいてくれるというのはありがたいですよね。

 

トマム

最後の目的はここ、星野リゾートトマム。

憧れの星野ですけど、ここはそこまでお高くないのです。むしろ、リゾート内で遊べるし、そのなかのプールなんかも無料で入り放題なので安いとも言えます。

1つ前の温泉宿が、夕食付きで28,000円。部屋もボロボロでした。それに引き換えこちらは夕食はないものの、40,000円でユニットバスが2つも付いている広々お部屋、サービスも最高、遊ぶところも充実です。満足感が全然違うのです。世の中、安さばかりじゃないよね。

 

忘れちゃった

最終日、満足して新千歳空港に到着。ある事に気付きます。

 

icon-mamena「カバンがひとつない……!?」

 

どうやら星野の玄関に忘れてきたようです。車に荷物を乗せてくれるため荷物が少ないことに気付きませんでした。

1つだけ少し離れたところに置いた自分が悪いんです。

幸い、財布はある。無いのはiPad、子供の保険証……。まぁ、それくらいは仕方ない、諦めがつきます。財布さえ無事ならそれでいい。ここでも大事なことを忘れていました。

地元の空港に降り立ち、家に帰ろうとしたとき……、車のカギもそのカバンの中に入れていたことを思い出しました。

空港から家までは約40分。レンタカーを借りて1往復半する羽目になりましたとさ。

みなさんも忘れ物には十分注意しましょう。

ちなみに先ほど電話があって、カバンは無事に見つかったようです。

 

今回の感想

夏なのに水道水がビックリするくらい冷たい。

 

おまけ

数日インしていなかったから存在を忘れられているかと思いましたが、杞憂でして邪神にはしっかりお誘いいただきました。ありがとうございます。

 

お餅なのかナスなのかわからないけれども、かわいいことには間違いない。

 

私は歌舞伎揚げなんじゃないかなって思っていますが、よくよく考えたら歌舞伎揚げも元はお餅でしたね。

 

歩くエロスを初めて見ました。人間姿の方が好きです。

 

草々