DQ10 まめぞぅのエリンギ便り

邪神の力

   

前略

怒濤の1日2本更新。

そして、怒濤の新コンテンツ攻略は続いております。

普段は23時前にシンデレラタイムを迎え、23時以降に私を見ることはないはずなんです。

でも、この日は違いました。

出先にWindowsタブレットを持ち込んだのです。

全てはチーム衣装をコーディネートするため。

だったのですが、珍しい時間にインしたためか、数多のフレチャが飛んできます。

みなさん反応はだいたい同じでしたし、寝なくていいのかなど心配してくださいました。

アストルティアは相変わらずあったけぇなぁ…。

そんななか、PTに誘われたんです。

行き先は邪神の宮殿。

聞いたことがあります。

誤って見逃してしまおうものなら、問答無用で垢BANされるという恐怖のコンテンツ。

万が一見逃してしまい、唯一の癒やし空間アストルティアを奪われてしまっては、生きる気力を失うのは目に見えています。

しかし、仲間が私の力を求めている…。

大丈夫だ。

普段はその存在すら忘れているコマンド。

選ぶはずがない。

そう自分に言い聞かせながら、仲間に加わることを決意します。

さらなる懸念

私にはもう1つ気になることがありました。

それは、タブレットでプレイしているということ。

普段はPCでプレイしていて、最高品質の設定でもヌルヌル動いてくれますが、タブレットは最低品質でも操作に違和感を感じるほど。

そんな環境でエンドコンテンツなどに挑んでも良いのか…。

恐る恐る自身の置かれた環境を仲間に伝えると、快くOK。

しかも僧侶をやれって…。

相変わらずアストルティアは暖かい、いや…バカなの?死ぬよ?

まぁ、仲間の87.5%がブロガー。

ひょっとしたら100%かもしれない。

よろしい、ネタを提供してあげよう。

コマ送りの世界

20160110-0026_301531299

いよいよです。

高まる緊張。

ここまではさほどカクつくことなく、思ったよりスムーズ。

これは、イケるかもしれない。

わずかな期待を胸に、戦いに身を投じました。

戦闘開始からほどなく。

急に動きが重くなります。

そこはスローモーションの世界。

数字で言えば、1~2fpsといったところ。

これが邪神の力か…。

幾度となく戦いを挑んだものの、圧倒的に足りない処理能力。

BGMとSEだけは正しい時を刻んでいるのがまた憎らしい。

ここまでか…。

限界を感じ、リタイヤすることを仲間に告げようとした時…。

「まだいけるっ!」

…ッ!

誰も諦めてはいなかったのです。

みんな…。

仲間達の前向きな姿に感動を覚えつつも、この画面見てみ?って思いました。

リーサルウェポン

みんなが諦めていないのに一人だけ諦めるわけにはいけません。

私は決断します。

困ったときの再起動っ!

さらには解像度も最低にっ!

これで…、これでダメならホントお手上げだよ。

頑張れ私のタブレット。

最終決戦

20160110-0100_301540272

イケるっ!

今度は変なラグもない。

画面は小さいが、私の意のままに動いてくれる。

気付けば災厄が落ち、ドレアムも赤くなっていました。

あと少し、あと少しもってくれ。

戦闘開始からどれほど経過しただろうか。

ついにその時はやってきました。

20160110-0107_301542206

討伐成功。

割と早いタイムだったようです。

しかも、最後だけ僧の数を減らして挑んで勝てるとか…。

完全に私の環境のせいで負けていました、ごめんなさい。

そしてありがとう。

スクリーンショット 2016-01-10 14.05.51

初めて手にした報酬は、スティック装備時に闇攻撃+10%という闇僧侶にピッタリのベルトでした。

草々